きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ Skarloey Railway (3)
オリジナル設定 ] 2006/10/27(金)
湖を周回するこのループ線は鉄道の百年祭である1965年に開通しその真価を発揮しました。


さらに興味深い事に、1969年、オードリー牧師と E. R. Boston師によってArlesdaleの忘れられた小屋でデューク(かつてあった Mid Sodor Railway の一号機)が発見され、クローバンズゲートに運び込まれました。
レストアされた彼はスカーローイ鉄道の予備役の機関車として過ごす幸せなポジションにいます。

このようないきさつの結果、彼らはTalyllyn 鉄道の危機を救う事が出来ました。
1982年に Talyllyn の3号機、サー・ハイドンは、緊急修理が必要となり、しばらくの間路線を離れなければなりませんでした。
これを聞いて、ハンデル・ブラウン卿はすぐに彼の 3号機(サー・ハンデル)の貸し出しを提案しました。
彼はオードリー牧師に Tywyn に訪問してTalyllynの 経営者に挨拶状を手渡すよう依頼しました。
サー・ハンデルは皆のために2年間 Talyllyn で活躍し、その後クローバンズゲートの機関庫に戻りました。
関連記事

応援よろしくネ!
00:29 | トラックバック:0 | コメント:0

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/88-a495174a


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。