きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ Soundtraxx PTB-100
技術部(模型製作) ] 2010/04/30(金)

Power Track Booster 即ちPTBの100ですね。
Soundtraxx、TsunamiデコーダーのCV値読書きをサポートする為の基板です。
果たしてうちのDCS50Kでも読み書き出来るようになるでしょうか?



IMG_4106.jpg
取説を見ますと・・・
PTB-100への給電はコマンドステーションと同じ所から取るように書いてあります。
サラッと書いてくれちゃってますがこれはこれでうちとしては結構敷居の高い条件。
海外の製品では良くあるのですが電気のコードをネジで留めるだけのネジ式端子だったら何の問題もなく分配出来るんですね。
でも入門機の位置づけであるDCS50KはDCジャック。
ACアダプターのコードを切断するのも抵抗があるので已むを得ず、


IMG_4104-1.jpg
強引に挟みこみました^^;
ショートすると最悪ぶっ壊れるかもしれないので良い子は真似しない方がいいと思うよ。


IMG_4114.jpg
やった!点いた!
左の緑LEDが点滅すれば準備OKだそうです。


IMG_4118_20100430235153.jpg
お!
CV値の読込みも成功!
これで念願だったトルーロの設定も弄れます。
でもこのままでは些か不便なので分配器もなんとか自作しましょうか。



IMG_4137.jpg
ザン! どこからどうみてもイーサーのHub^^;


IMG_4139_20100430234826.jpg

ザザン!←もうええって^^;
ハードオフでジャンク品を漁ってきました。
分配ついでに基板も収納しちゃおうって事です。
向かって右端がDCS50KのAC電源からの給電。ハブに付いていたソケットをそのまま流用して内部で分配し、左隣のコードからDCS50Kへ給電します。
左端のバネ式端子にコマンドステーションのプログラムからの配線を挿しまして、内部のPTB-100を経由して、真ん中オレンジのコードからプログラムトラックへ接続です。
素人仕事ですが今のところ順調に機能しています。


さぁ~って、トルーロなんとかするぞ~!
と意気込みましたが肝心のトルーロがまた別の改造工事に入ってしまいバラバラ中・・・
すぐ終わると思って始めたのですが必要な資材が無く、慌てて発注したけどGWに入っちゃったので当分来ないでしょう・・・orz


関連記事

応援よろしくネ!
23:41 | トラックバック:0 | コメント:0

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/556-846a0a9d


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。