きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 鉱山鉄道 動力化改造 OO9
技術部(模型製作) ] 2006/10/07(土)
DSCN3383.jpg
Life Like 0-6-0 Saddle Tank Switcher

これを利用してバンダイトーマスエンジンコレクションシリーズ(TECS)を動力化します。
大きく分けて二つの工程があります。

1.NゲージのシャシーがTECSに収まるようTECSのボディー内側を削る。
2.シャシーの軸配置を希望の物に改造する。

このうち今回は2の工程のうち最も簡単な0-4-0から行こうと思います。



改造済みなのをまたばらしたりしてますので、必ずしも一台を撮影している訳ではありません。ご承知置きください。


さて、先ずはボディーをはずします。

DSCN3391.jpg
写真のS.F.の下にフックがあるのでそれをはずします。
引っかかり部分はかなり細くてもろいので相当慎重に作業しないと折れやすいです。
私はあきらめてパキパキとドライバーで折っちゃいました。


DSCN3406-1.jpg
ボディーをはずすとこんな感じです。左側が前。


DSCN3402.jpg
写真では爪楊枝を刺してある第3動輪のピンをはずします。


DSCN3407.jpg DSCN3424.jpg
真ん中第2動輪のピンもはずし、その第2動輪もはずします。
ちなみに第2動輪と第3動輪では微妙にピンの長さが違います。
もちろん第3動輪の方が長いので間違えないようにします。


DSCN3420.jpg
接写するとこんな感じです。ちょっとわかりにくいかも知れませんが、モーターからの駆動をギアを介して全動輪に伝えている訳です。
構造上真ん中をはずしちゃうと後ろの第3動輪しか駆動しなくなりますが止むを得ません。ただ第1動輪も集電はしています。


DSCN3394.jpg
あとはピンを戻して動力部は完成です。簡単ですね。
連結棒にピンの穴が残りますが気にしない事にします。


DSCN3403.jpg
TECSのボディーを被せて固定すればレーニアスの誕生です。

細かい事をいえばNゲージシャシーのシリンダーが残っていますが、これをはずすとなるとクリアしなければならない問題が3倍、作業量が20倍(当社比)に膨れ上がるので見て見ぬふりを決め込みます。

まぁ、ぶっちゃけそこまでやる位なら初めからキット組むでしょうって話です。
私がやってるのはおもちゃですから、あくまでも。


English Here




関連記事

応援よろしくネ!
23:50 | トラックバック:0 | コメント:2

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/52-b576ee4d


コメント
   by Darby  URL
早速、詳細のご紹介
ありがとうございます。
次に削り加工を掲載される時は
ぜひ、使われた工具と作業に要した時間
お怪我などされなかったか、など
大変だった話をお願いします。
    2006/10/09(月) 07:09:54 #-[ 編集]
プロテウス   by ゴッドレッド  URL
プロテウスの車輪配置は、0-4-0ですか?
    2012/04/07(土) 10:24:01 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。