きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 【動画】LNER CLASS A4 ライブスチーム マラード号
OOスケールモデル ] 2006/10/04(水)


世界最速の蒸気機関車。

1938年に樹立した世界記録なんと202.7Km/h
開業当初の新幹線の営業速度超えてるじゃないですか!


いや、もちろん最高速度は新幹線の方が速いですけどね。

その独特の流線型も見事ですが興味深いのはその色で、トーマスを見慣れている私の目には当初なんだか地味な群青色に映りました。

しかしこれは英国最高位の「ガーター勲章」の綬の色なんだそうです。
とても由緒ある色だったんですね。

それを知ってから不思議と気品のある色に見えるのは思い込みとゆうものでしょうか?


当鉄道所属機はHORNBY製 OOゲージのライブスチームです。

http://www.hornby.com/pages/livestm_live.aspx

OO,HOのライブとしては世界初で、今のところプロダクションモデルでは最小だとの話ですがいまいち詳しくないのでよくわかりません。

テンダーにウォータータンクがあり、電気ヒーターで沸かした蒸気がロコ側に送られます。
HORNBYのサイトの図説ではあたかも蒸気がシリンダーに送られているかのようですが、実際にはそこまでの構造ではなく、ウォームギアで動輪を駆動させてます。

スケール的にどうしよもないんでしょうが、甲高い汽笛の音がします。
日本の蒸気機関車しか知らなかった私には正直ショボイ音に思えましたが、実際の英国蒸気も汽笛は結構軽い音なので、これはこれでいいのかも知れません。


DSCN3297.jpg
コントローラー部、上のスチームレギュレーターでヒーター温度を調節し、下のスピードレギュレーターでバルブの開き具合を調節。右は電源部。

運転には結構な熟練を要します。
なんでしょう、設計思想の違いなんでしょうか?
バルブの開き具合を計る機構が全くありません。圧力も把握できません。写真にあるのは電圧計です。
走ってる様子を見ながら感覚で覚えるしか無いようです。

希望の位置に停車させるのも至難の技ですし、スムースに発車させるのも一苦労です。

こいつから入った私は鉄道模型ってこんなに難しいのか?と随分悩みましたがDCC等を経た今、随分トリッキーなもんだな、と思います。


でも・・・・・


でもですよ・・・・


だからこそライブなんです。


お湯が沸くまで10分前後かかるんですが、先ずはその最中からこいつとの対話が始まります。


今日は気温高めだから速く沸くだろう、とか
どうすればスムースに発車できるだろうか?とか
最初のカーブはうまく曲がれるかな?とか
頑張って走れよ、とか・・・・・・


これって機関士がトーマスたちに語りかけてる様子とだぶりませんか?

蒸気機関車はよく生き物に例えられますが、その感覚判ります。
たしかに何かが宿っている気がしてなりません。

煙が出たり音が出たりしても決してDCCでは感じる事のできない、懐かしいような恐ろしいような、ちょっとプリミティブな感覚です。


中野仁さんからの情報によりシリンダー駆動と判明しました。
ですのでHORNBYの説明はインチキじゃなかったですね。
訂正させていただきます。

中野仁さん、ありがとうございました。

関連記事

応援よろしくネ!
22:16 | トラックバック:0 | コメント:14

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/49-d1d63434


コメント
30年くらい前   by Darby  URL
京都の模型店が、C62の16番ライブを数台限定販売した様な気がします。ライター用のブタンガスを燃やして走行し、ピストンもバルブギアも本物をそのままスケールダウンした構造のようでした。リモコンが無いので速度や停止は燃料しだいのようでした。記憶ま違いだったらごめんなさい。ホーンビーのは量産品で価格もこなれているので、たいしたもんです。できれば私も購入したいのですが…。
    2006/10/05(木) 00:23:16 #-[ 編集]
やっぱりですか   by トッパット  URL
なんとなく世界初とゆうのもどうなのかな?とは思ってました。まぁ、大量生産としてはって所なんでしょうね。カスタムメードではもっと小さいのもありますもんね。

ところでなかなか面白いサービスを見つけたので早速動画にしてみました。
とは言ってもこのマラードの場合動かなくて音がするだけなのであんまり意味なかったですね。
まぁ、いろいろと試行錯誤中ってことで。
    2006/10/05(木) 17:51:19 #-[ 編集]
ウォームギア駆動ならもっとすごい   by 中野仁  URL
Hornby のライブスチーム A4 を開けてみたことがありますが、ウォームギア駆動ではありません。ウォームギアで駆動しているのはレギュレータだと理解しています。もし蒸気でウォームギアを介して駆動しているとすると、途中に蒸気タービンがある筈なので、それは技術的にもっとすごいです。煙は出ません、水蒸気です。

A4 の汽笛はあんな音ではありませんが、愛敬。
    2007/01/06(土) 15:40:24 #-[ 編集]
ありゃ!?
   by トッパット  URL
そうでしたか!
って事は何で動かしてるんでしょうか?
シリンダーはお飾りだと聞いたのですがどうゆう仕組みなのかな?
今度ちょっとばらしてみますか!
そろそろそんな事にも抵抗がなくなってきました。

汽笛ですが、訳ありでA3の方を何台も聴き比べた事があるのですがものすごく個体差が激しかったです。
物によっては「スー」って音しかしないのもありました。
随分いい加減なんだな、と思ったものでした。
なのでスケールの問題だけでなく本物に似せるなんて芸当は到底出来そうも無いのだと思いましたね。
    2007/01/06(土) 23:29:16 #eHXExtt.[ 編集]
もちろんシリンダー   by 中野仁  URL
もちろんシリンダーです。飾りなのはバルブギヤです。
汽笛のあるなしはライブスチームには重要なので、解説書によっては汽笛に一章割いていたりします。固有周波数が大きさで決まるのでOOだとつらいでしょうが、材料選べば案外...しかし音量を稼げないだろうから、流石に無理かな。
    2007/01/07(日) 01:45:36 #-[ 編集]
う~ん!   by トッパット  URL
シリンダー駆動なら本望なのですがおそらく違うでしょう。

ボディーの中央にシャフトがあり、ギアを介して動輪を駆動させてると思われます。
ただ、ギアはウォームギアじゃなかったですね。
なんと言うんでしょう?
交差するギア、多分「すぐばかさ歯車」ってやつだと思います。

ちょっと確認しきれませんでしたが、シャフトを回転させるのにタービンが入ってるのかもしれません。
ネジで外せる範囲を超えたので、そこまでバラす根性ありませんでした。
    2007/01/08(月) 23:50:46 #eHXExtt.[ 編集]
なんでそうなるの。   by 中野仁  URL
あれでは動輪を駆動してはいないと思います。クラッチやカム、シャフトの行き先から考えて、バルブギヤの前後進切替え用でしょう。「シリンダーはお飾りだ」という情報元に再度確認をとることをお勧めします。
    2007/01/09(火) 00:36:47 #-[ 編集]
   by トッパット  URL
最初に聞いたのも昨日再確認したのもメディカルアートさんです。

でも確信って程でも無かったです。
HORNBYに聞いてみても曖昧にごまかされちゃうって言ってました。

確かに中野仁さんの仰る通り前後進の切り替えもシャフト部分でまかなってます。
でもそれにしちゃぁこの蒸気の穴はいらねぇんじゃねぇの?
って穴が煙突の下部辺りにあって、正直私には判断つきかねます。
見てもらおうと思って写真も撮ったのですが、接写が厳しくてうまく撮れませんでした。

中野仁さんはこの製品お持ちですか?
それだと話早いんですけどねぇ・・・・・・・

私もシリンダー駆動の方がうれしいのでなんとか確証を得られないもんでしょうか?

HORNBYに直接確認する程英語力にも蒸気機関、鉄道模型の構造にも自信がありませんし、もし製品説明とは違ってシリンダー駆動ではなかった場合、正直に教えてくれるとも限りません。

あぁ、今思いついたのですが一度ロッドを外して蒸気沸かしてみればはっきりしますかね?
今度やってみます。
    2007/01/09(火) 10:24:33 #eHXExtt.[ 編集]
持ってます、もちろん。   by 中野仁  URL
書いてませんでしたね。持ってます。メディカルアートで最初の入荷分をいただきました。バラして中も見てます。そう、ロッド外して動かして見れば、とは思いましたが、そこまで書くとアレかなと思いやめました。煙突の下の蒸気の穴というのは使い終った蒸気を排気するための穴でしょう。
    2007/01/09(火) 13:34:56 #-[ 編集]
蒸気タービン駆動機関車   by 中野仁  URL
タービン駆動で思い出しましたが、LMSに1台タービン駆動の機関車(6202)がありました。前進と後進に別のタービンを使っていました。
    2007/01/09(火) 14:51:17 #-[ 編集]
早速やってみました。   by トッパット  URL
動きましたよ!
シリンダーが!!

ちょっと感動しました。

例えるならクリーニングに出そうと喪服のポケットをチェックしたら万券が出てきたような気分ですかね?

教えていただいてありがとうございました。
自分が思っていたよりもう1段本物よりだったと分かったのでかなりうれしいです。

今まで水入れて電気入れれば走る、くらいにしか考えてませんでしたが、中野仁さんのおかげでメカニズムにも興味が沸いてきました。

って事でついでに一つ質問なのですが、この模型の場合シリンダーに送られた蒸気がほぼ全て煙突から排出されるって了解でいいんですよね?
でも本物って走り出す際にシリンダーからもうもうと蒸気をあげる様が格好いいと思うんですよ。
それをこのサイズの模型で再現するのは難しい事なんでしょうか?
最初に購入する時に下回りから蒸気は出ないと説明されてなんかがっかりした覚えがあるんです。
あるいは電気の関係であまり下の方、つまり線路の方には蒸気出したくないのかな?とも思うのですがどうなんでしょう?
    2007/01/09(火) 16:06:51 #-[ 編集]
ドレインの事?   by 中野仁  URL
汽笛を吹かず、安全弁が閉じているなら、発生した蒸気は全て煙突から排出です。もしそうでないなら、どこかで洩れています。出発時のシリンダーからの蒸気というのはシリンダーで凝集した水をドレイン弁から排出しているものだと思いますが、それならドレイン弁をつければいい「だけ」のことです。ドレイン弁とその開閉機構さえ作れば、OOでも再現は不可能ではないでしょう。問題は、やるだけの価値があるかどうかという事です、その分蒸気の無駄使いですから。1番ゲージでもドレイン弁のない機関車はいくらでもあります。

ドレイン弁を動作させると、線路は潤滑油でそれなりに汚れるでしょう。
    2007/01/09(火) 17:02:26 #-[ 編集]
いえいえ!   by トッパット  URL
自分で細工しようとは思ってないです。
ただ、格好いいと思うけど何故HORNBYはそうしなかったのかな?と思ってただけです。

もしドレイン弁をつけたとして、開閉をどう制御するか検討もつきませんわ。
それに線路もきっと面倒な事になるでしょうね。

実はライブ用とDCC用に線路を分けるかどうかまだ決めかねてるんです。
当然兼用しない方がいいんでしょうしスペースもあるんだけど他との兼ね合いがあって悩み中なんです。
    2007/01/09(火) 17:38:56 #eHXExtt.[ 編集]
多分専用線の方が...   by 中野仁  URL
DCCと共存しないのはアレの悩ましいところですが、制御の難しさを考えると平坦なエンドレス専用線にした方が良いでしょう。排水用の勾配のついた駐車場で走らせてえらく苦労しました。兼ね合いを考えれば、ギャップ切って電気的に専用線にできる用にしておいて、DCCだけの時はギャップ部を導通させるといったところでしょうね。
    2007/01/09(火) 18:25:23 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。