きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 【OO9】 Douglas
OOスケールモデル ] 2008/08/31(日)
IMG_0950.jpg
軸配置0-4-0 ウェルタンク機関車
タリフリン鉄道の6号機(Talyllyn Railway No.6)、ダグラスです。
もちろんダンカンのモデル機関車ですね。


Douglas 製作記 1
Douglas 製作記 2
Douglas 製作記 3 ネームプレート
Douglas 製作記 4 窓枠
Douglas 製作記 5 加減弁

と製作を進めてきてやっと本日完成致しました!
ウェルタンクというのはボイラー下の台枠内に水タンクを設置したタイプで小型ナローに良く使われたそうです。


ちょっと他の連中も混じってますが・・・


IMG_0680.jpg
オーストリアの模型メーカーRoco製の貨車。
これもポートマードッグのステーションショップで購入しました。


IMG_0936.jpg
うちのウェザリングは超テキトーです。
パウダーにドボンと突っ込んで粉まみれにするだけ。
ただし車輪のところは綺麗に掃除しとかないと線路が粉まみれになって集電不良を起こします。(実際起こしたので良く分かる)


今回ちょっと考えさせられたのは動力、シャシーの問題です。
Douglas 製作記 2で触れましたがモーターを換装しています。
僕の適当な工作にも拘らずものすごく良く走るんですわ!
今までライフライクの安いシャシーばかり加工してきましたがやはりドイツの模型はいいんですかねぇ?
ただこのARNOLDのシャシーはオークションで入手した中古ですから本来の価格は知りませんし、コネクティングロッドがいんちきってのはあるかもしれないですね。(ロッドは有るけど連結はしてない。この方が調整は楽なんです)

ちなみにそのARNOLDは倒産してイタリアのRivarossiに買われ、そのRivarossiも身売りして今はどっちもHORNBY参加となっています。
なんか鉄道模型メーカーって良くつぶれてるけど厳しいのかな?
イギリスの少年も青年もDSやってたもんなぁ。

関連記事

応援よろしくネ!
22:17 | トラックバック:0 | コメント:1

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/463-cc1a15a8


コメント
   by ルフィ  URL
この動画に出てたスカーロイとレニアスとラスティーとダンカンはバンダイの食玩で作ったんですか?
    2012/02/24(金) 17:12:12 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。