きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 【動画】スコッツマンだョ!全員集合
OOスケールモデル ] 2008/04/18(金)

前回、すでにスコッツマンが通電しないと述べました。
念のため翌日にも再チェックし、やはり動かない旨購入元に伝えました。
購入時に二人であちこちチェックして従来のスコッツマンとあまり変わらない、殆ど改良されていないのは分かっていた事ですからこうなるのもある程度予想していた、まぁ想定内という事なんでしょうね。
翌日には速攻で代替機が届きました。


IMG_8961.jpg
左がもう動かない返品予定のスコッツマン、右が今回新たに来たスコッツマンです。
殆ど変更点がないので当然、

IMG_9052.jpg
従来のシングルテンダー(って言うのかな?)のボディーを被せる事も出来ます。
このように着せ替えて遊ぼうと思ってシングルテンダーのボディーだけ買い取りました。


IMG_9040.jpg
ボディーだけ並べて比較しますと(上シングル、下ダブテン)、先ずキャブ横のペイントの違いが目に付きます。
シングルは「4472」でダブテンはエンブレムなんですね。

IMG_9040-1.jpgIMG_9040-2.jpg
シングルテンダーダブルテンダー

スプラッシャー上のネームプレートの色が違います。


IMG_9040-3.jpgIMG_9040-4.jpg
シングルダブテン

バッファーの付け根の色も違います。
でも最大の違いはここです。

IMG_9036.jpg
煙突の内径が違うんですよ。(左がダブテン)

IMG_9027.jpg
煙突から蒸気を排出するネジ穴が太くなったんです。
当然それに合わせてネジと煙突の穴も太くなりました。
これが果たしてどれ程走行性に影響するのか正直良く分かりませんが少なくともこの内径を広げないとシングルのボディーをダブテンに被せて走らせる事は出来ません。ネジを締めないでボディーを被せるだけだったら出来ます(写真は被せただけの状態です)

あとはホイッスルの形状を少し変えたようでボディーの取り付け、取り外しが若干しやすくなりました。(今まではボディーと干渉してかなり窮屈でした)



まぁちゃんと走ったところだけを編集すればこの通りなんの問題もありませんが実際はかなり取り扱いの難しい機種です。
今回マラードと交互に走らせて見て良く検証したのですがおそらくトルクが足りない、もしくはあたりが悪いかのどちらかなんじゃないかと思いました。

IMG_9024.jpgIMG_9026.jpg
マラードスコッツマン
このようにシリンダーの大きさが全然違います。
マラードの場合はスカートに隠れるので問題なかったのでしょうがスコッツマンの場合そうは行きません。
思いっきり見えてしまう関係上実物に似せてかなり短くなっています。
はじめこれは単なる飾りと教わったのですがその後の検証によりこのシリンダーで実際に動輪を駆動させていると判明しました。
ですから今思えばこの改良(改悪?つか妥協策?)がトルク不足とおおいに関係あるんじゃないかと、思っておる訳です。
まだまだ蒸気機関の構造的な事に関しては無知なのであくまで推測なのですがマラードだととっくに動き出してるような状況でも微動だにしません。
で、かなり圧が高くなってからいきなり猛烈に吹っ飛んでいくという傾向は従来通り。
要はスムーズじゃない、ピーキーなエンジンなんじゃないでしょうか?
あたりの問題だとすればよく油を注して何度も走らせれば改善する見込みはありますがトルク不足の場合はなにか改善の余地はあるんですかね?
アルコール炊きに改造した猛者もいると聞きましたが・・・

ピーキーである事と直ぐお釈迦になる事とがどのような関連があるのか、或いは無いのかについてはなんとも言えません。
これ書いちゃっていいものかどうか迷ったのですが事実なので書いときます。
シングルテンダーのスコッツマンから通算すると今回のスコッツマンでおそらく7回目くらいの修理、或いは交換です。
それくらい故障が多い、若しくはデリケートな模型って事になろうかと思います。
当鉄道所属機の中でも最低最悪且つ最愛の機関車、まさに悪女!
こいつのせいでレイアウトが巨大になっちまったんだぜ!(猛ダッシュしても脱線しないように)
っんとにもう!
ちなみに、全く同条件で走らせているマラードは一度も交換も修理もする事無く快調に走り続けている事を付け加えておきます。



IMG_9059.jpg
さて、ここでもう一台のスコッツマン(ダブテン)も合流。


IMG_9043.jpgIMG_9045.jpg
1923年2月24日生まれのフライングスコッツマン、70歳のバースディを記念して発売された限定5000台のダブルテンダーリミテッドモデルだそうです。
と言う事は1973年の製品でしょうか?古い設計ですのでロッドが太くてテンダードライブ。(近年の中国製はロコドライブ)
前のテンダーが駆動します。


全員集合すると・・・



IMG_9071.jpg IMG_9076.jpg
こうなります。
左から、
ライブスチーム シングルテンダーフライングスコッツマンのボディー。
モータードライブ、ダブルテンダーフライングスコッツマン。
返品する壊れたライブスチーム ダブルテンダーフライングスコッツマン。
正式採用のライブスチーム ダブルテンダーフライングスコッツマン。

一際大きいのはフライングスコッツマン貯金箱トッパット

関連記事

応援よろしくネ!
17:39 | トラックバック:0 | コメント:2

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/415-2284c24b


コメント
でも   by こども局長  URL
やっぱりスコッツマンかっちょええですねー。
シリンダーが小さすぎるんでしょうか。。。
    2008/04/20(日) 23:15:44 #-[ 編集]
どうなんですかねぇ?   by トッパット  URL
購入元を通じて何度も問い合わせましたが明確な説明が無いんです。
「えぇ、そんなはずないんだけどなぁ・・・」とか言って誤魔化されるらしい(`д´)
かなり値下げしましたしね。
開発費回収済みなんだか売れてないんだか良く分かりません。
でも僕は好きです。
モーター駆動とは違う存在感がなんとも堪りませんわww
    2008/04/21(月) 00:04:35 #eHXExtt.[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。