きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 英国紀行 15 バローinファーネス(2) ドックミュージアム
英国紀行 ] 2008/03/25(火)

バローの名所、ドックミュージアム
ドックって何かと言えば・・・

IMG_3355.jpg IMG_3356.jpg
これですよ。造船所。
ビールにもなっている有名な、

etiketti-tg.jpg
アドミラルトーゴーが日本海海戦において座乗した連合艦隊旗艦、三笠がここバローで建造されたのは有名な話ですが、


IMG_3364.jpg IMG_3365.jpg
金剛型の一番艦、金剛もこちらのヴィッカース社によって建造されたんだそうです。(二番艦以降は図面を元に日本で建造)
一時不幸な時期もありましたが英国とは昔から仲良しだった事が伺えます。

ちょっとうろ覚えなんですが実際に三笠や金剛を建造したのは表の新しいドックではなく、

IMG_3369.jpg
こちらの館内で保存されている古いドックだと言っていたような気がします。(うろ覚えというより英語力不足 汗;

おっと!
これじゃ軍艦ブログですね。
何故このミュージアムに来たのかと言えば、
本土とウォルニー島を結ぶ橋の情報を得る為です。
橋が掛かっているのはもちろん分かっている訳で、今は車道しか無いその橋にかつて線路があったか、鉄道が通っていたかどうかを知りたかったのです。
「ここに来れば何か分かるんじゃないのか」という口コミ情報も空しくあまりはっきりした事は分かりませんでしたがおそらく初めから鉄道はなかった模様。
ただ、ここの職員さん(日本で言えば学芸員?)がとても親切に色々と調べて下さり、


CCI00001-1.jpg CCI00002-2.jpg
昔の橋の写真をコピーしてくれました。
親切にしてもらっておいて失礼かもしれませんがあまりにも斜めなコピーが面白かったのでそのまま掲載!(僕ら日本人やドイツ人だったらこういう風にはやらないだろうな うーん


CCI00000-1.jpg
こちらは「あなにおちたトーマス」の元ネタになった陥没事故の資料。
見事に穴開いてますね。


IMG_3370.jpg
とても親切にして下さった職員の皆様、
ありがとうございました。



次回はウィンダミアの予定です。
お楽しみに!



関連記事

応援よろしくネ!
22:12 | トラックバック:0 | コメント:2

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/405-8747798a


コメント
   by オクピー  URL
凄い穴が開いてますね…テレビや原作だとトーマスが入れるぐらいの穴ですけど、実際はこんなに大きい穴だったとは…。
ウィンダミアと言えば確かバックマンのトーマスが…って違う所ですね
    2008/03/26(水) 00:59:17 #-[ 編集]
   by トッパット  URL
結構でかいよね。
こりゃ落ちるわ!と思いましたよ(^^;)

ウィンダミア?
バックマン?
あぁ、あっちのウィンダミアさんね。
なんてったってピーターラビットだもんね。

    2008/03/26(水) 20:42:44 #eHXExtt.[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。