きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 英国紀行 3 NRM (2) GREAT HALL 前編
英国紀行 ] 2007/10/27(土)

NRMはこのように道路を挟んでGREAT HALLとSTATION HALLに大別されます。
地下道を通ってGREAT HALLに入ったところまでが前回の動画。
今回はそのGREAT HALLの展示物をご紹介します。



IMG_2629.jpg
入った正面にいきなり、

IMG_3014.jpg IMG_3017.jpg
マラード号。
一番の目玉って事なんでしょうね。
以前から、
【動画】LNER CLASS A4 ライブスチーム マラード号 模型とか、
MALLARD THE RECORD BREAKER 本等で何度となくこのブログでも取り上げてきましたが世界最速の蒸気機関車で、スペンサーのモデル機関車でもあります。
TV版には登場しませんが、

Thomas and the Great Railway Show (Railway)Thomas and the Great Railway Show (Railway)
(1991/08/12)
Christopher Awdry

商品詳細を見る

CCI00012.jpg
原作えほんの35巻にはマラードそのものとして登場します。

すぐ右隣が、

IMG_3019.jpg IMG_2714.jpg
ロケット号(レプリカです)
よくスティーブンソンの開発した世界初の蒸気機関車と誤解されがちですが、実際に世界初だったのはリチャード・トレヴィシックが1804年に作った「ペニー・ダレン機関車」。
実物大レプリカがウェールズのNational Waterfront Museumにあるそうです。
なんでスチーブンソンの方が成功したんでしょうね?
まぁトレヴィシックが時代的に早過ぎたってのもあるんでしょうが、スチーブンソンはプロモーションもうまかったように思います。

CCI00013_20071027170136.jpg
トーマスはこのロケット号にも会ってるんですよね。
ちょっと無理やりな感じもしますが・・・

逆に右隣には、

IMG_3009.jpg
トーマスとユーロスター。

ちょっと進むと

IMG_2969.jpg
トーマスショップと、

IMG_2633-1.jpg IMG_2635-1.jpg
我らが新幹線。
想像以上に大きくフィーチャーされてたのでちょっとビックリ。

入ってすぐがこれってのもなんとなく国内技術だけではおっつかなくなってる英国鉄道業界の縮図なのかな?って印象も受けましたが、それだけじゃないですからね。
あと商業的にトーマスにかなり依存してるんじゃないか?みたいな・・・
かく言う私もトーマスにはまってなければ行く事もなかった訳ですしね。

ま、それはそれとしてもうちょっと進むと、

IMG_2643.jpg IMG_2638.jpg
中国の機関車。かなりでかいです。

その隣に、

IMG_3003.jpg IMG_2644.jpg
イブニング・スター。
BR CLASS 9F "Evening Star"
模型で取り上げた事がありますがマードックのモデルですね。
英国蒸気の中では大型ですが隣の中国の機関車と並ぶと小さく感じます。
HO(1/87)に揃えないでOO(1/76)に拘るのもなんとなく分かるような気がしました。

何台か飛ばしてHALLの向こう正面に鎮座していたのが、

IMG_2653-1.jpg IMG_2654.jpg
アイアン・デューク(のレプリカ)
ブロードゲージ、軌間2140mm。日本の在来線の約倍ですね。
ゲージ戦争に敗れて改軌させられたブロードゲージですが性能は圧倒的に良かったらしいですよ。そりゃ拡げる方が用地買収大変ですもんねぇ。

CCI00058.jpg
トーマスも会ってます。髭が素敵!
古めかしくて重々しい、確かにヒゲの似合いそうな重鎮って感じの機関車でした。

扇形に並んだ機関車の中心にあるのが、


ターンテーブル。
これの周りにほぼ一周、ズラッと機関車が並んどる訳ですね。
もう半周分あるのですがそれはまた次回にします。


English Here





関連記事

応援よろしくネ!
19:08 | トラックバック:0 | コメント:10

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/330-b98fa3c5


コメント
ああーっ   by こども局長  URL
マラードのキャブ内にもちびトッパット卿がぁー(笑)
運転台にも入れました?

さすがどの機関車も手入れされてピカピカなのはすごいっv-20

新幹線のパネルのメイン写真がドクターイエローなのは、、、
どーだろ?
    2007/10/28(日) 02:36:44 #-[ 編集]
それ僕も思いました。   by トッパット  URL
>メイン写真がドクターイエロー。
そう云うもんかと思われちゃうじゃんねぇ。

でも英国にもIC125ベースのドクイエあるんですよ。
名前は「ハヤブサ」なんだけど通称"Flying Banana"
http://jp.youtube.com/watch?v=pKhltmBQeCs&watch_response
日本の技術協力に敬意を表して黄色なんですって。
    2007/10/28(日) 04:13:04 #eHXExtt.[ 編集]
あの黄色は Network Rail の企業色   by 中野仁  URL
> 日本の技術協力に敬意を表して黄色
なぁんかリップサービスな気がするけれど、情報源求む。
    2007/10/28(日) 05:20:05 #-[ 編集]
NMTの色   by トッパット  URL
黄色に関しては探したけど見付かりませんでした。
wikiか、そのリンク先で見たように思ったんですけどねぇ。

技術協力に関しては日立がリリースしてるのを見つけました。
http://www.railwaygazette.com/features_view/article/2007/07/7575/hybrid_technology_enters_the_real_world.html
てっきり計測技術で協力してるのかと思ってましたがバッテリーみたいですね。
プリウスと同じ技術だとかなんだとか。

もうちょっと探してみますけど逆になんか分かったら教えていただけるとありがたいです。
    2007/10/28(日) 12:37:06 #eHXExtt.[ 編集]
   by 中野仁  URL
> 逆になんか分かったら教えて
...投げるし。
MkIII よりあとは基本的にわたくしの対象外です、いまのところ。まだその前の時代で勉強することがいっぱい。

そもそも前面黄色塗装規則があるので、その延長だと思うのです。はい。
    2007/10/28(日) 15:26:52 #-[ 編集]
コレ?   by 中野仁  URL
http://www.tenshodo.co.jp/railroad/ichikawa/no23/body.html
の、3.
どれくらい当てになるのかは知りませんが。
    2007/10/28(日) 15:41:39 #-[ 編集]
...投げるし。   by トッパット  URL
ばれました?
いや市川さんのも良く見てますけどなんか英文だったような・・・
「敬意を表して」ってのは多分に私の意訳と言うか誤訳?
いずれにせよ市川さんも色に関しては言ってませんよね。
勘違いというか誤訳だったのかなぁ・・・
    2007/10/28(日) 17:18:17 #eHXExtt.[ 編集]
   by 中野仁  URL
Railway gasette で読んだんじゃないですかね。
    2007/10/28(日) 17:33:46 #-[ 編集]
   by ウォーター・リチャーズ  URL
35巻には確かグリーンアローって機関車も出てきましたよね?それの実車は・・?
    2007/11/13(火) 17:03:34 #-[ 編集]
グリーンアロー   by トッパット  URL
のモデルはグリーンアローですよ。
LNER V2 Green Arrow
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:LNER_V2_60800_%27Green_Arrow%27_at_Crewe_Works.jpg
    2007/11/13(火) 19:00:02 #eHXExtt.[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。