きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ イギリスの鉄道のはなし
関連書籍 ] 2006/09/26(火)
イギリスの鉄道のはなし―美しき蒸気機関車の時代 イギリスの鉄道のはなし―美しき蒸気機関車の時代
高畠 潔 (2004/10)
成山堂書店
この商品の詳細を見る
きかんしゃトーマスのエピソードには時々いまいちピンとこないのがあると思いますが、この本を読むとかなりいろんな事がピンとくるようになります。

当初英国の鉄道は全て私鉄で、お互いに激しい競争を繰り広げていました。
代表的なところでは、ロンドンからスコットランドまでのスピード競争があります。

東岸ルートと西岸ルートがあり、いかに相手より速く着くか競ってるんですが、なかにはとんでもない作戦もあり驚かされます。

たとえば、途中の停車駅では発車時刻前でもさっさと発車してしまい、乗り遅れたお客さんには別の回収列車が後からやってくるとか、
そもそも駅には止まらないで、後ろの客車だけ走りながら切り離して先に行っちゃうとか。(曲芸ですか?)
とにかく急いでるんです。

きかんしゃトーマスでも、置いてかれたお客さんが「金を返せ!」と騒いでたのを思い出しませんか?

他にもゲージ戦争やカラフルな機関車の色等興味深い話が楽しめます。

関連記事


応援よろしくネ!
18:51 | トラックバック:0 | コメント:2

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/31-e816f80c


コメント
座右の書   by Darby  URL
自分のサイトの掲示板にも書きましたが
続編と併せて3番目の愛読書です。
なにかあると
美しい機関車のイラストや
軽妙な語り口で興味深い話をつづる本文を
眺めています。
名著です。
できれば、こういった読み物ではなく
体系的なイギリスの鉄道の解説書があると
いいのですが…。
    2006/09/29(金) 01:11:55 #-[ 編集]
たしかに   by トッパット  URL
エピソードとしては面白いですが、体系的には結局わからないですね。

私はむしろヴィジュアル的に英国蒸気が網羅されてる本が欲しくてメディカルさんに相談した事があります。
鉄道会社毎ならありそうだけど全部となるとないだろうと言われてしまいました。

要はHORNBYのカタログの本物版といったイメージだったんですけど、あまりにも膨大なんでしょうね。
    2006/09/29(金) 19:44:42 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。