きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 石炭庫 (Coal Drop)
資材部(購入情報) ] 2007/08/17(金)

ホーンビー 今年の新作!



石炭を落とすやつです。
高さがある分どう配置するか難しいのですがホーンビーもなかなか面白い物出しますね。




関連記事

応援よろしくネ!
23:59 | トラックバック:0 | コメント:15

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/308-333eb471


コメント
   by ティッドマウス駅長  URL
これは原作のティッドマウスにあった常時貨車が置いてあった丘のような所と同じ用途でしょうか。それと第12シーズンからついにボコが復活するそうです。
    2007/08/18(土) 09:34:15 #-[ 編集]
ごめんね   by トッパット  URL
「丘のような所」がどこか良く分かんないや。
基本的に小屋まで運んだ石炭を側面の穴から落とすって事でしょ。
あとボコが復活するのは12シーズンなの? 11じゃなくて?
    2007/08/18(土) 19:47:29 #-[ 編集]
   by ティッドマウス駅長  URL
「ダックとディーゼル機関車」でダックがシティ・オブ・トルーロと話している場面の後ろにある場所の事です。ウィキペディアにはボコの項目で「12シーズンまで全く登場しなくなっていた」と書かれていてそれからもそのままなので復活は本当だと思われます。
    2007/08/19(日) 11:25:07 #-[ 編集]
原作えほん、確認しました。   by トッパット  URL
用途としては同じだと思います。
ただ、小屋の2階部分と言えばいいのかな?上まで線路で貨車で運ぶのかどうかが不明です。
メディカルさんも?って感じでしたしHORNBYのサイトとか商品の箱でもよく分かりませんでした。
多分貨車で運ぶんだろうと思うんですけどね。

Wikiのボコも確認しました。
確かにあの記述だと12シーズンに登場するとも取れますね。
しかし本国、英国でもこの秋から11シーズンが始まるところですし、2と5に登場して以降「最新作」まで全く登場していないって事を書きたかったんじゃないかな?
どうも最新作が11なのを12と勘違いしてる節もあると思いますし要出典じゃないでしょうか?
つまり現段階で信頼に足る情報とは思えません。
ちなみに英語のwikiにそのような記述は全くないですよ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Railway_engines_%28Thomas_the_Tank_Engine_and_Friends%29#Boco
    2007/08/19(日) 16:12:28 #-[ 編集]
   by 中野仁  URL
British railway infrastructure in colur (Robert Hendry, Midland Pub. 2005) p. 11 (GWR) と A hisotry of North Eastern Railway Architecture Vol. 3 (Bill Fawcet, North eastern railway association, 2005) p.137 を見ると貨車で押し上げです。写真では勾配は結構急に見えます。
    2007/08/19(日) 16:51:30 #-[ 編集]
ありがとうございます。   by トッパット  URL
やっぱそうですか。
ちなみにあれですよね?
石炭は二階で貨車から一旦降ろすんですよね?
で、一階にテンダーを横付けして、落とし口から人力で落とすんですかね?シャベルかなんかで。
    2007/08/19(日) 21:59:44 #eHXExtt.[ 編集]
   by 中野仁  URL
貨車はそのままにして、直接テンダーなりに入れたという記述があります。ただし、石炭の質によっては一度ネコに入れて、とやった場合もあるそうです。
    2007/08/20(月) 04:29:53 #-[ 編集]
貨車から直接   by トッパット  URL
の方が合理的だとは思ったのですが、線路と落とし口がそれぞれ小屋の両サイドに別れちゃってるんですよねぇ、この製品の場合。
写真を見ると分かると思いますが、落とし口のある向かって右側に通用口があって、左側の大きい開口部に線路が来るんですよ。
これだと直接落とせそうな位置関係に出来そうもないですし、それなので一旦そこに降ろしちゃうのかな?と、思ったんですけど・・・
まぁ色々あるんですかね?
    2007/08/20(月) 10:58:19 #eHXExtt.[ 編集]
   by 中野仁  URL
Hornby に手紙を書いて聞いてみる、が、正解。
たぶん貨車から投げてるんでしょうけど。
    2007/08/20(月) 18:23:22 #-[ 編集]
   by 中野仁  URL
石炭の積みかたを書いた記事をみつけました (Servicint the North Eastern Railways Locomoitves, J. G. Teasdale ed., 2007 North Eastern Railway Association, p.60-65; 初出は North Eastern Express, August 2006)。石炭を積んだ貨車を留置しておき、機関車への給炭時に手押し車などに降ろして、手押し車をテンダなどの上に移動、手押し車を倒して給炭、という段取りでした。張り出しの下にある板のところまで手押車を持ってきている写真がありました。
    2007/09/03(月) 00:37:33 #-[ 編集]
なるほど!   by トッパット  URL
そこに降ろしちゃう訳ではないって事ですね。
そうかぁ・・・なんか合理的なような面倒臭いような微妙な方法ですね。
ありがとうございました。
スッキリしたぁ~!

つか何でも出てきますね!?
四次元書棚ですか?(^^;)
    2007/09/03(月) 02:02:19 #eHXExtt.[ 編集]
   by 中野仁  URL
タイプミスしました。Servicing でした。

> なんか合理的なような面倒臭いような微妙な方法
いかにも日本的な発想ですねぇ。車両形式バラバラ、運転者の技術バラバラ、なのでああいうやりかたをするしかないのだと思います。そんな技術に手間をかける位なら安い労働力で、という極めて合理的なやりかたです。そもそも、形式ごとに定位置にきちんと停車できるならあんな近くに投炭口が三つも作る必要ないでしょう。

> つか何でも出てきますね!?
最近は何を持っていたか把握できなくなってきて困ってます。このあいだも 9F の本を重複して買ってしまいました。買い手募集中。

> 四次元書棚ですか?
だったら楽なのですがねぇ、って、それはもしかして「あ、こんなの持ってたわ」って時間を越えて本が出てきちゃうやつですか。それならもうすでに意図せずして実現しています...がっくり。
    2007/09/03(月) 07:58:34 #-[ 編集]
あぁ、そうでしたね。   by トッパット  URL
色々バラバラなんでしたね。
どうも中途半端だなぁ、って印象でしたがむしろその方が合理的って事なんですね。
納得です。

そういえば9Fスルーしてました。
本はどんな物でしょうか?

四次元書棚はあれです。
普段は普通に書棚なんですけど、肝心な時にかぎってやかんとか下駄とか出てきちゃう困った書棚の事です。(^^;)
    2007/09/03(月) 09:05:05 #eHXExtt.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます   by  
このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2007/09/03(月) 21:49:49 #[ 編集]
   by 中野仁  URL
さすがにやかんや下駄は出てきませんが,肝腎な時に限って目的外の、しかし興味を引く本が出てくる本棚ならもってます。
    2007/09/04(火) 05:57:09 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。