きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 8 モンタギューです。
蒸気機関車 ] 2006/09/26(火)
DSCN2970.jpg
でも普段はダックと呼ばれています。

車体番号8 軸配置0-6-0 タンク機関車 カラーリング緑 

パーシーがアップアップになっちゃったので、ハット卿が仕入れてきた機関車です。
GWRの払い下げなんでしょうか?元GWRとゆうのを誇りにしています。

GreatWesternRailway 
で大西部鉄道。

非常に有能で、みんなが苦労しているような仕事もらくらくこなすすごい奴です。

GWRについては「イギリスの鉄道のはなし」に詳しいのですが、技術的に常にリードしていた鉄道で、ブロードゲージで有名です。
これは軌間が2mを超える線路に巨大な機関車を走らせる鉄道で、150年も前にすでに100キロ近い速度で運行していました。(動輪は直径2.4m!デカイ!!
ゲージ戦争に敗れ、結局標準ゲージへの改軌を余儀なくされたのですが、その後も優秀な機関車を輩出したのでその筋では一目置かれた存在です。
ブロードゲージを推進したブルネルとゆう技師長は日本ではいまいち知られてませんが本国では有名で、BBCが行った「偉大な英国人」アンケートでチャーチルに次いで2位になった程です。


DSCN2916.jpg
当鉄道では、バックマンの"5700 0-6-0 Pannier tank"を再塗装し、バンダイの顔をつけて改造しました。

HORNBY製がなんとなくおもちゃっぽい気がしてちょっと工作したのですが、
なんてゆうか、ディティールパーツが細かすぎるっちゅーか・・・
もっと大雑把な(おもちゃっぽい)方がダックっぽいような気がしてきました。


いまさらなんですけど・・・改造前のほうがカッコよかったような気がしないでもない。

DSCN2920.jpg
どうなんだ?ダック!
「・・・・・・・・・」(ダック)
「へっへっへ」(ディーゼル)



HORNBYも導入しました。
ダック(2)

関連記事

応援よろしくネ!
20:41 | トラックバック:0 | コメント:2

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/28-33929ab2


コメント
なまじ元がいいと   by Darby  URL
バックマンのブランチラインの機関車は、結構シャープな出来でディテールも細かいですね。近所のタムタムに展示が出ていてしばらく眺めていたんですが、よすぎます。トーマスキャラに改造するにはもったいない、というか、おっしゃるとおり出来が細かすぎてバランスが悪い。と私も思います。ただダッククラスの脇キャラがバックマンから出るのは、相当先の話なので改造已む無しです。
    2006/09/29(金) 01:19:11 #-[ 編集]
この際   by トッパット  URL
HORNBYの手出すかもしれません。
来月メディカルさんに再入荷するそうなので、物を見て考えます。
    2006/09/29(金) 19:47:20 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2017 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。