きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ カルディーフェル山
工務部(レイアウト製作) ] 2006/12/17(日)

忽然と姿を現したカルディーフェル山。
とりあえず山と川(アビー峡)をこんな感じに再現しようかと検討中。


いやいやまいりましたよ。
写真をアップしてサクッと投稿しちゃおうと思ってたんだけど、クロンク橋の架かってる川の名前を調べてるうちに深みに嵌ってしまいました。

地図には「Hawin Ab」と表記されてます。
最初Abが川なり谷なりの略語かと思って調べてたんですが全然わからない。
変な話ですがトイレでふと閃いちゃいました。
Abの方が地名でHawinの方が川か谷を表すんじゃないかと。

そこで他の川を調べてみるとエルスブリッジの近くに「River Els」、ティッドマウスの近くに「River Tid」。
やはり後半の方が地名の略のようだ。
ではAbはと言うと近くの町がAbbey」
こっちが地名で間違い無いだろう。

今度は「Hawin」を探してみると、川のところに「Hawin Ooyre」とか「Hawin Croka」等と書いてある。
やはり川の事なんだろうが山がちな所で使われているようだ。
なので谷?
ネットで検索してみたが全然Hitしない。

英語じゃないんだな、これが!

ソドー島の言語は「Sudric」と言う言語で、隣のマン島のマン島語(Manx)とほぼ同じらしい。
そこでマン島語を調べてみた。
Manx English Dictionary
Hawinそのものの意味は分からなかったが単語の後ろに着いていろいろな意味になるようだ。

また、「Cas ny Hawin」と言う駅がデュークの廃線にあるが実際のマン島にも同じ地名がある事が分かった。
Isle of Man images
これって地名?川の名前?河口の事?
いまいち釈然としないが取り合えず谷と言う事にしておく。
何故なら「River」と分けて表記されているって事は川では無いと考えられるからだ。

なのでゴードンがドームを飛ばされたクロンク橋が架かっている川は「アビー峡」と呼称する。(暫定)
いや、なんか谷より峡の方が語感がいいかと思いまして・・・・・・・

しかしねぇ、マン島語なんて初めて聞いたしマン島がUKではないってのも分かってびっくりだよ。
マンクスポンドって独自の通貨も発行してるんだってさ。
Wikiのマン島
ホント英国は複雑で分からない事が多い。
それにしてもマン島語まで調べる破目になるとはねぇ、やれやれだよ。

おっと!タイトルが山なのにすっかり川の話になってしまった。
んじゃちょっとだけ、
DSCN4988.jpg
人工芝の下は段ボール積んであるだけです(^_^;

こんな適当でいいのか些か悩む所だがうちの場合どうせ息子にカチャカチャにされるのが目に見えてるのでこんなもんでいいかなとも思う。
(もちろん人工芝で妥協する事に決定したらもうちょっと綺麗に貼り直すつもりですよ・・・・・・・なんか言い訳がましい)


ところで前述のサイト「Isle of Man images」はなかなか興味深いサイトで、結構ソドー島っぽいなぁって感じの写真もありますよ。


関連記事

応援よろしくネ!
23:07 | トラックバック:0 | コメント:0

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/170-2b7d0038


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。