きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ ソドー島路線図(2)
オリジナル設定 ] 2006/12/15(金)
map5.jpg
今回はソドー島の主な路線を列記する。


North Western Railway(NWR)
標準軌(1435mm)
Fat Controllerすなわちハット卿の経営する鉄道。
本来はこれだけがハット卿の経営で他は別の局長なり重役なりが存在するがテレビシリーズでは全部ハット卿の経営になった。
(が、次のシリーズからMr. Percivalと言うほっそり重役が登場するそうです)

Main Line (本線)
Barrow-in-Furness←→Tidmouth
以前はBallahooを経由していた。

Norramby Branch
Ballahoo←→Norramby

Kirk Ronan Branch
Kellsthorpe Road←→Kirk Ronan(ゴードンの窓がある駅)

Peel Godred Branch
Kildane←→Peel Godred (アルミニウム工場のある所)

Bremdam Branch(エドワードの支線)
Wellsworth←→Bremdam
Bremdamの先にビルとベンの働く陶土の採掘場がある。

Ffarquhar Branch(トーマスの支線)
Knapford←→Ffarquhar
Ffarquharの先にメイビスの働く炭鉱がある。

Arlesburgh Branch(ダックの支線)
Tidmouth←→Arlesburgh West

Harbour Line
Toryreck←→Harbour Station
昔のFfarquhar Branchはこっちを経由していた。


Skarloey Railway(鉱山鉄道)
Crovan's Gate←→Skarloey
狭軌(686mm)
Skarloeyの先にスレートの切出場がある。


Culdee Fell Railway(登山鉄道)
Kirk Machan←→Culdee Fell Summit
アブト式(800mm)


Mid Sodor Railway(MSR)
Arlesburgh←→Peel Godred
狭軌(686mm)
1947年に廃止されたデュークのいた鉄道。


Arlesdale Railway(ちんまり鉄道)
Arlesburgh West←→Arlesdale
15インチ(381mm)
廃止されたMSRの線路をハット卿が15インチに敷きなおし、1967年に開通させた。


今後はこれをベースに徐々に掘り下げていこうと思います。

関連記事

応援よろしくネ!
22:24 | トラックバック:0 | コメント:5

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/166-e269f736


コメント
ラック式≠アブト式   by Darby  URL
カルディ・フェルの登山鉄道は、日本語版にはアブト式と明記されていますが、英文献に当たりますと、どこにもそのような記述が無くてWikiの執筆時もあえてラック式と記述しました。スノードンの登山鉄道はアブト式ではないラック式らしいので、そのへんの所に非常に興味を感じています。
    2006/12/15(金) 23:22:08 #-[ 編集]
アブトでよさそうですな   by Darby  URL
http://www.snowdonrailway.co.uk/technical.html

ここに書いてありました。スノードンの登山鉄道はアブト式ではないラック式ではなく、2歯式のれっきとしたアブト式ラック鉄道でした。となるとカルディ・フェルもそうなのか?牧師さんの原文には、ドイツ語は見当たらなかったはずですが。
    2006/12/15(金) 23:34:13 #-[ 編集]
   by トッパット  URL
実は息子が眠れないと言って起きだしてきて
「遊ぼうよー」
とせがむのでよく確認しないで
「アフ゜ト」
と表記してしまいましたがよく調べてみるとそれはドイツ語読みで、英語では
「アフ゛ト」
でしたね。
碓氷峠でしたっけ?
アプト君とかいたと思ったのでそう書いたんですがやっぱり直しておきました。

で、問題のカルディ・フェルがどうなのかと言うと、まさにそのスノードン鉄道のアドバイスを受けて"abt rack system"を採用した事になってます。
とゆうかスノードンそのものですよ、ゲージも同じだし。
    2006/12/15(金) 23:54:58 #eHXExtt.[ 編集]
   by taku  URL
こんにちわ。

トーマスの世界ってこんな壮大だったんですね!
片田舎の町にいろんな機関車があつまるほんわかドタバタドラマだと思ってました。
むかーしみたポンキッキーズのトーマスのイメージですが。
さすが鉄道発祥の地ですね。
あれ?
トーマスってイングランドですよね。
まずはDVDでトーマス見てみようかと画策中です。
    2006/12/16(土) 01:23:36 #-[ 編集]
   by トッパット  URL
壮大っちゅうか細かい?
いや、詳細な設定って感じですかね。

なんでも自分の子供とか読者から突かれる矛盾とか不明点とかをなんとか解決しようとするうちに膨大な設定になっちゃったみたいですよ。
あまり表面には出てこない所まで事細かに考えてたのを知るたびに驚かされます。

徐々にご紹介していくつもりなので気長にお付き合い下さい。

あ、そうそうトーマスは英国の作品です。
ハット卿はイングランドの事を外国呼ばわりしてるんでソドー島はイングランドではない事になります。
イギリスと言う国を突き詰めると訳が分からなくなるので、私は曖昧に英国と言う事にしています。
    2006/12/16(土) 11:56:28 #eHXExtt.[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。