きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ 【動画】局長について
はじめに ] 2006/09/22(金)
2歳の息子と妻の三人家族です。
(この当時2歳)

残念ながらSirではありません。
いずれなにかの功績が認められてSirに成れるといいな、と思っています。
(2007年1月、シーランド公国男爵になりました)

私も御多分に洩れず子供をきっかけにきかんしゃトーマスにはまったくちです。

元々は新幹線とか小田急とかの電車のカププラを集めてたのですが、
たまたま電車のカププラの台がなかったのでトーマスのカププラに手を出したのが事の始まりでした。

カププラがプラレールになり、プラレールがトーマスエンジンコレクションになり、ビデオを揃え絵本を買い、C12に乗りD51を見に行き、Nゲージのトーマスを経て英国OOに行き着きました。

なかでも特に衝撃を受けたのは真岡鉄道のC12です。
動いている蒸気機関車を見るのは実は初めてでした。

日本の鉄道は海外の標準軌に比べて小さいとゆう先入観がありまして、なるほどC12はタンク機関車ですしあまり大きくはないと思います。
ところが実際は思ってたのと全然違いました。

息子を抱きながら動輪を覗き込んで見ていたその時です、


突然頭の真上でC12の汽笛が大迫力の雄叫びを上げたのです。

咆哮といっていいかもしれません。
私は震え上がり全身の細胞が分子レベルで共振するのを感じました。
その衝撃波が私を別のモノに組み換えてしまったようです。

それ以来すっかり蒸気機関車の魅力に取り付かれてしまい、手始めに買ったのがOOのライブスチーム

フライングスコッツマンでした。

なんでC12じゃないのか不思議ですがそこはやはりトーマスワールドの強大な引力なんでしょうね。

まぁ、このスコッツマンが今思えばかなりの曲者でして制御がとても難しいのです。
とにかくすごいスピードで突っ走ってカーブで脱線しまくり。
もちろんとても熱くなるので子供は触れない。
元々鉄道模型はまったくやったことがなくなんにも知らなかったので、それならばとどんどんカーブの半径を大きくしていきました。
当然それに従ってレイアウトもどんどん大きくなる訳でして、コンパネ7枚を突破した時点で、

「まてよ、これならソドー島が丸ごとできるんじゃないか?」

と考えるに至った訳です。
その後、そのスコッツマンはどうも具合が悪いと判明し良品と交換してもらったらわりと普通に走りました。

知らないって恐ろしい!

とまぁビギナー故色々と判らない事を調べながら手探りで建設を進めているもんですから本当に完成するかどうか本人にも判りませんが、御用とお急ぎでない方はご笑覧下さいませ。

関連記事

応援よろしくネ!
23:41 | トラックバック:0 | コメント:2

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sodororient.blog76.fc2.com/tb.php/1-0e3743c7


コメント
蒸気機関車の魔力   by Darby  URL
私は44歳ということもあって
幼少期には、まだD51なんかがバンバン走っていました。一番印象深く覚えているのは、京阪石坂線を8620がバックで貨車を引いている姿です。
うちの息子の場合は、梅小路でC62体験をしてからは、C622がナンバーワン機関車です。
自宅からそう遠く無い明治村には、トーマスたちと同じイギリスの古典機12号が健在で、月の半分を走行しています。走ってない半分はアメリカのボールドウィン機関車が走ります。どちらも何度ものって大好きです。スクリュウ連結器とバッファーの実際の運用が見学できます。二人ともすっかり蒸気機関車の魔力にとりつかれています。
    2006/09/24(日) 22:54:35 #-[ 編集]
うらやましいです。   by トッパット  URL
梅小路は前から是非行きたいと思ってました。明治村のSLは知りませんでしたねぇ。
来月はトーマスランドと虹の郷へのお出かけを予定しています。
トーマスランドは去年も行ったのですが、トーマスルームは全然空きがなくて駄目でした。
Darbyさんはどれ位前から予約とったんですか?
まぁ、今回は虹の郷のほうに泊まる予定なんですけどね。
    2006/09/25(月) 01:06:32 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2016 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。