きかんしゃトーマス 完全再現ブログ-SodorOrientRailway
FC2ブログ

きかんしゃトーマス模型動画工房

 きかんしゃトーマスの世界を模型動画で再現するオリエンタルソドー鉄道/SodorOrientRailway製作奮闘記
きかんしゃトーマス

きかんしゃトーマスのオリエンタルソドー島へようこそ!

 きかんしゃトーマスとなかまたちが活躍するソドー島を実際のテレビ撮影の約半分、HO/OOスケールで再現!
日米英のきかんしゃトーマスの鉄道模型、プラレールやバンダイ、ERTLのきかんしゃトーマスのおもちゃ等を利用してきかんしゃトーマスの世界を動画で再現しています。
きかんしゃトーマスゆかりの地を巡る英国紀行や原作研究も。
全記事リスト


Welcome to The Island of Sodor Orient!

We are rebuilding the Island of Sodor, Thomas & Friends world with the Model Railway in Japan.


 ◆ スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援よろしくネ!
--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)
 ◆ きかんしゃトーマス大図鑑
関連書籍 ] 2006/09/25(月)
きかんしゃトーマス大図鑑―キャラクター大しゅうごう きかんしゃトーマス大図鑑―キャラクター大しゅうごう
(2005/12)
ポプラ社
この商品の詳細を見る
本屋でみた時は特に目新しい内容じゃないし要らないと思ってました。

ところが妻が「買わないの」
と言うじゃありませんか!

本人は否定しますが、私はこれを「買って」とゆうシグナルと認識しています。

普通は子供がねだるのでお父さんが買おうとするところをお母さんがたしなめるんじゃないかと.....
うちは抑え役がいなのでハドメが効かないです。全く。

ところが

続きを読む »

応援よろしくネ!
01:40 | トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ ディーゼル
ディーゼル ] 2006/09/25(月)
DSCN2890.jpg
軸配置0-6-0 ディーゼルシャンター(入換機) カラーリング黒

そんなに嫌な奴ですか?
私はむしろ気の毒な気がします。


続きを読む »

応援よろしくネ!
23:46 | トラックバック:1 | コメント:3
 ◆ 【海外通販】Kernow Model Rail Center
関連ショップ ] 2006/09/26(火)
Kernowってなんて読むかわかりますか?


続きを読む »

応援よろしくネ!
03:14 | トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ イギリスの鉄道のはなし
関連書籍 ] 2006/09/26(火)
イギリスの鉄道のはなし―美しき蒸気機関車の時代 イギリスの鉄道のはなし―美しき蒸気機関車の時代
高畠 潔 (2004/10)
成山堂書店
この商品の詳細を見る
きかんしゃトーマスのエピソードには時々いまいちピンとこないのがあると思いますが、この本を読むとかなりいろんな事がピンとくるようになります。

当初英国の鉄道は全て私鉄で、お互いに激しい競争を繰り広げていました。
代表的なところでは、ロンドンからスコットランドまでのスピード競争があります。

東岸ルートと西岸ルートがあり、いかに相手より速く着くか競ってるんですが、なかにはとんでもない作戦もあり驚かされます。

たとえば、途中の停車駅では発車時刻前でもさっさと発車してしまい、乗り遅れたお客さんには別の回収列車が後からやってくるとか、
そもそも駅には止まらないで、後ろの客車だけ走りながら切り離して先に行っちゃうとか。(曲芸ですか?)
とにかく急いでるんです。

きかんしゃトーマスでも、置いてかれたお客さんが「金を返せ!」と騒いでたのを思い出しませんか?

他にもゲージ戦争やカラフルな機関車の色等興味深い話が楽しめます。



応援よろしくネ!
18:51 | トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ 8 モンタギューです。
蒸気機関車 ] 2006/09/26(火)
DSCN2970.jpg
でも普段はダックと呼ばれています。

車体番号8 軸配置0-6-0 タンク機関車 カラーリング緑 

パーシーがアップアップになっちゃったので、ハット卿が仕入れてきた機関車です。
GWRの払い下げなんでしょうか?元GWRとゆうのを誇りにしています。

GreatWesternRailway 
で大西部鉄道。

非常に有能で、みんなが苦労しているような仕事もらくらくこなすすごい奴です。

GWRについては「イギリスの鉄道のはなし」に詳しいのですが、技術的に常にリードしていた鉄道で、ブロードゲージで有名です。
これは軌間が2mを超える線路に巨大な機関車を走らせる鉄道で、150年も前にすでに100キロ近い速度で運行していました。(動輪は直径2.4m!デカイ!!
ゲージ戦争に敗れ、結局標準ゲージへの改軌を余儀なくされたのですが、その後も優秀な機関車を輩出したのでその筋では一目置かれた存在です。
ブロードゲージを推進したブルネルとゆう技師長は日本ではいまいち知られてませんが本国では有名で、BBCが行った「偉大な英国人」アンケートでチャーチルに次いで2位になった程です。


続きを読む »

応援よろしくネ!
20:41 | トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ プシュッ!プッシュッ!
保育室(おでかけ) ] 2006/09/26(火)
09260002.jpg

こういったところでは

「プシュッ!プッシュッ!」

と音をたてて停止ししてしまう事がよくあります。



しばらく様子を見ていると、

「安全弁よしっ!加減弁よしっ!」

と確認したあと元気良く走り出します。



この場合


続きを読む »

応援よろしくネ!
22:14 | トラックバック:0 | コメント:5
 ◆ トーマス(2)
蒸気機関車 ] 2006/09/27(水)
DSCN2937.jpg
車体番号1 軸配置0-6-0 タンク機関車 カラーリング青
内側シリンダーなので・・・・・・ん?


外側じゃん!



そもそもこれって何ゲージ?


続きを読む »

応援よろしくネ!
22:21 | トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ 荷着!
資材部(購入情報) ] 2006/09/28(木)
局長!

英国より荷物が届きました!


DSCN2854-1.jpg
うむ!どれどれ。


DSCN3019.jpg
なんじゃ!もう空けておるではないか!


続きを読む »

応援よろしくネ!
00:01 | トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ BR CLASS08 DIESEL SHUNTER
OOスケールモデル ] 2006/09/28(木)
DSCN2925.jpg
軸配置0-6-0 ディーゼル入換機 HORNBY製

きかんしゃトーマスに出てくるディーゼルのオリジナルです。

このクラスにもいろいろあってこれがズバリなのかよく判りませんが、
とてもスピードが遅く、ゴロゴロいいながら走るのが気に入って購入しました。
実際の車両も遅かったらしく、20キロちょっとしか出なかったようです。

ライブスチーム、(今はダックになっている)パニアタンクに続いて3番目に購入した物で、始めてDCC化したのがこれでした。

なんとかデコーダーを配線し、テスト走行ではうまくいったんですが、ボディーを被せてねじ止めすると何故か走りません。

多分デコーダーが圧迫されてるんだろうと思い、あちこち削ったんですが、ギブアップ。

色々検討した末、HO用のデコーダーより小さいN,Zゲージ用のデコーダーを急遽取り寄せて付替えたところ、なんなく走りました。

BR GREENの色も渋く気に入ってるんですが、ひょっとしたら次に再塗装されるのがこれになるかもしれません。


続きを読む »

応援よろしくネ!
00:36 | トラックバック:0 | コメント:1
 ◆ きかんしゃトーマス グッズ・コレクション
関連書籍 ] 2006/09/28(木)
きかんしゃトーマスグッズ・コレクション―原作誕生60周年記念出版 きかんしゃトーマスグッズ・コレクション―原作誕生60周年記念出版
(2005/06)
ネコ・パブリッシング
この商品の詳細を見る
これもかなり便利な本です。

前半は読み物、後半は現在販売されているトーマスグッズを網羅しています。

読み物は、英国のトーマスイベント(実物大トーマスが走る)、キャラクター紹介、トーマスランド等盛りだくさんで、特に、トーマスたちのモデル機関車の解説は興味深く、大変参考になります。

当鉄道でも原型機関車を調べたいときは、大抵この本かメディカル・アートのHPです。

グッズもこんなにあるのか!と驚くほどの充実ぶりです。

ただ残念なのは、しばしば記述に誤りがあるのと、あきらかに色味のおかしい画像が混じっている事です。

これでは調色の参考になりません。


続きを読む »

応援よろしくネ!
02:57 | トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ 局長室について
はじめに ] 2006/09/28(木)
DSCN2854-1.jpg
わしの部屋へようこそ!

この部屋では、Blog全体の事や、わし個人の雑感、鉄道模型とは無関係な事柄など、分類が難しい話題をテーマにしたいと思う。


<!---ここから素に戻る--->
さて、始めたばかりのこのBlogですが、
最初が肝心との考えから気合いれて更新しています。

なるべく見やすくて解りやすいレイアウトを目指してちょこちょこいじってますんで、途中御見苦しい場合もあるかと思いますが、ご勘弁下さい。

特に23時以降は極端にサーバーが重くなり、中途半端な状態になる場合もあるようです。

うちは結構速めのADSLで、当初は結構快適だったんですが、最近ちょっとかったるいです。
なんでもトラフィックの6割がFTTHになったとか。

最早ADSL50Mじゃ遅い方?

しかし回線が速くなった分動画などでトラフィックも増え、やっぱり速度は十分じゃないらしいですね。イタチごっこって奴です。

ネット業界ちょっと離れていたので全然知らなかったのですが、ブロードバンド全盛の今世紀にまさかテレホタイムの悪夢がよみがえるとは思ってもみませんでした。

でも、Blogもやってみると面白いもんですね。HPとはまた違ったノリがあります。
見やすいHPと見やすいBlogはどうやら別物のようです。

レイアウト(Blogのじゃなくて模型の)がある程度見られるレベルまでいったらHPを立ち上げようかなとも思いますがいつになるか検討もつきません。


いろいろ試行錯誤中ですが、コメント、リンク大歓迎です。
どうぞご贔屓に。



あっ!

そういえば"Thomas-Friends-Ring"に参加したんだった。


<!---素終わり--->


続きを読む »

応援よろしくネ!
17:55 | トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ 社名の由来
局長室(雑感) ] 2006/09/28(木)
オリエンタルソドー鉄道 英語表記 Sodor Orient Railway

何故オリエンタルなのかとゆうと、


続きを読む »

応援よろしくネ!
17:55 | トラックバック:0 | コメント:2
 ◆ Tidmouth Shed(2)
工務部(レイアウト製作) ] 2006/09/28(木)


右端がフォルマーの前面壁で、その左、グレーのものが、フライシュマンの屋根、下がフライシュマンの土台になります。

見ての通り、屋根の横幅がちょうど扉の幅くらいしかありません。
壁の横を切るったって限度があります。



DSCN2973.jpg

こんな並びにしたらどうだろう?とも思うんですが・・・・・
左のカーキ色のがフォルマーの2枚目と3枚目。右のフライシュマンが3枚目と4枚目です。穴の部分に明かり取りの小屋根がつきます。その穴を塞ぐのが憂鬱です。

もともとあったフォルマーの横幅を詰めるのが一番ましなんじゃないか?
とゆうイヤァ~な考えが脳裏をちらりほらり。


じゃ、フライシュマンのが無駄になるじゃん!




続きを読む »

応援よろしくネ!
23:01 | トラックバック:0 | コメント:0
 ◆ スモークユニットあれこれ
技術部(模型製作) ] 2006/09/29(金)


左からゾイテ22番
for locomotive with plastec bodies and slim chimneys,10-16V
直流、交流両対応で、煙突の穴は4,5mm必要です。

ゾイテ100番
煙突の直径5mm。他は22番と同じ。

Tri-ang Synchrosmoke

フォルマー4114
フォルマーは火事になった家とか幽霊屋敷とか出してるんで、それ用。
検証用に購入。


続きを読む »

応援よろしくネ!
18:54 | トラックバック:1 | コメント:1
 ◆ シンクロスモークユニット
技術部(模型製作) ] 2006/09/29(金)


Tri-angはHORNBYの昔の名前で、厳密には色々と紆余曲折があるようですがそれは置いといて、そのトライアングのファンサイトで見つけました。

ウォームギアに連動してピストンが前後にスライドし、上の小さい穴から間欠的に煙が出ます。シュッポ、シュッポ。


おぉ!まさにトーマス!


だめもとでメディカル・アートさんに相談したところ1968年のパーツリストに載っていて、現HORNBYから取り寄せてくれました。

ホントに手に入るとは思ってなかったので正直びっくりです。


続きを読む »

応援よろしくネ!
21:23 | トラックバック:0 | コメント:3
 ◆ 変更しました。
局長室(雑感) ] 2006/09/30(土)
特に指摘があった訳でもないのですが、著作権を考慮して一部の画像表示をAmazon経由に変更しました。

なんでもこうしておけばOKなんだとか。
売上げに貢献すれば不問とゆう事なんでしょうかねぇ。
或いはAmazonでまとめて著作権協会かなんかに支払ってるとか?

侵害と引用の境がよくわからない・・・・。


続きを読む »

応援よろしくネ!
12:09 | トラックバック:0 | コメント:0
<< 前のページ
きかんしゃトーマス 完全再現ブログ
Copyright © 2006 Sodor Orient Railway, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+ まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。